女の人

更年期にはサプリメントを|イライラを吹き飛ばす

魚料理は欠かせません

ファミリー

血液をサラサラに

DHAは魚油に含まれる脂肪酸で、n-3系多価不飽和脂肪酸と言われています。豚肉や牛肉とは違い体内で固まらずに血液をサラサラにする脂肪です。DHAは血管を老化させる悪玉コレステロール(LDL)を減らす働きがあり、コレステロールの上昇や、生活習慣病の危険因子である中性脂肪の増加を抑制し、内蔵脂肪型の肥満を予防する効果が期待できます。また、肌が乾燥しがちな人や、動脈硬化症に関連する血小板の凝集の抑制、血行を促進して身体の冷えを防ぐのにも効果があります。さらに子宮の収縮をやわらげるので、生理痛を緩和する働きも確認されています。サプリメントでの1日の推奨摂取量は1000mg以上で、サバの切り身90g程度です。

脳の情報伝達能力アップ

最近物忘れが多くなったという人は魚料理が欠かせません。それは魚介類に含まれるDHAが脳の情報伝達能力をアップさせるからです。魚が苦手な人でもサプリメントなら手軽に摂取できます。DHAは血液の流れを良くして、血栓を防ぐEPAとともに血液の健康をサポートしています。特に刺身で食べると魚のDHAとEPAを100%、焼き魚や煮魚だと80%摂取できますが、缶詰の魚にも5割から8割のDHAとEPAが残っています。ちなみにかまぼこ、ソーセージなどの練り製品にはほとんど含まれていません。中でもサケやサバ、イワシの缶詰は、身だけでなく骨まで丸ごと全部食べられるので、汁ごと使って魚の有効成分をフルに活用しましょう。